top of page

悔しいということ



息子たちのサッカーの試合を見てきました。


負けた後、挨拶の整列では息子の顔は終始上がりませんでした。


悔しいよな…。


サッカーも、仕事も、人生も、挑んだことの大半はうまくいかないのかもしれないね。


でも、挑んだ人だけ。


自分以外の人にとってはどうだっていい己の「悔しさ」と対峙することができ、それを乗り越えた時に歓びを感じることができる。


うつむいている暇はない。


Look around !


サッカーの試合には負けたけど、君は闘いには勝ったのだから。

Comentarios


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page